卒業生の声PC
卒業生の声SP

卒業生の声

Voice

一時帰国中の1ヶ月だけでも、レベルアップできました!

近藤さん (20代)

期間1ヶ月
コースビジネス英会話
レベル日常英会話→ビジネス英会話レベル
受講目的移住先のアメリカでの生活を充実させるため

スパルタ英会話はグループレッスン通い放題で、毎日どれだけいても良い

Eri:近藤さんが英会話を始めようと思ったきっかけはなんですか?

近藤さん:昨年の12月から、夫の仕事の関係でアメリカのシカゴに住み始めました。半年間は、語学学校に行ったり、大学のパートナー向けの授業のようなものに出たりしていました。
今年の6月に一時帰国してからも英語学習は継続していて、7月末にTOEICを受けたのですが、TOEICが終わった後の目標が不明瞭でした。
アメリカに戻る予定も近いため、英語ではなく”英会話”をもっと上手くなりたいと思い、英会話教室を探し始めました。

Eri:近藤さんは英語をアメリカで使っていましたから、体験レッスンの時からレベルは高かったですね。他の教室と比較して、スパルタ英会話に決めた理由はなんですか?

近藤さん:そんなことはないですよ。
仕事もないので、毎日通えるところを探していました。 スパルタ英会話はグループレッスン通い放題で、毎日どれだけいても良いということで決めました。

アメリカにいたときよりも英語を喋っていた

Eri:1stコンサルティングで「1ヶ月毎日学習を継続しましょう」という目標を立てましたが、達成できましたか?

近藤さん:はい。モチベーションを保って、毎日学習することができました。
毎日平均4コマ、プラス週2回のマンツーマンレッスン。
アメリカにいたときよりも英語を喋っていたと思います。すごく濃厚な時間でした。

Eri:アメリカよりも!それはとても嬉しいです。
近藤さんの凄い所は、目標通りに、本当に毎日来ていたところですね。
しかも毎日1時間だけとかではなく、マンツーマン週2、毎日4コマ、88時間は絶対に英語喋ってるんですよ、この一ヶ月間で。
起きてる時間で計算すると、喋ってる時間のほぼほぼを英語で喋ってますよね。 スパルタ英会話をフル活用されて、素晴らしいです。

近藤さん:他の英会話教室とかだったらマンツーマン週2回とか……それでも多い方ですよね。
1か月だと、成果を挙げるのは難しいと思うんですが、スパルタ英会話には通い放題のグループレッスンがあるので、1ヶ月でも成長できたんだと思います。

Eri:1ヶ月間通って、具体的にできるようになったことはありますか?
「言葉に詰まりやすい」という当初の課題は解決できましたか?

近藤さん:できるようになったことは、瞬発的に出るようになった言葉が増えたこと。
こういう質問に対してはこう返す、みたいなものが毎日の練習で染みつきました。そうでなくても、ためらわずに英語が出るようになりました。
グループレッスンでは、他の受講者の方が話しているのを聞いて、「自分もこういうふうに使ってみようかな」と知識を得ることもあって。
みなさんが努力して来ているのを見て、モチベーションも上がりました。

Eri:良いですね。グループレッスンにはどんな人がいましたか?

近藤さん:留学を予定している方、仕事ですぐ使う必要がある方など、時間的な制約がある方も多かったです。一生懸命英語を勉強されていて、刺激をもらいましたね。

Eri:近藤さんもアメリカに近く戻りますし、境遇が近く、良い刺激になったかと思います。 この一ヶ月間やりきれましたね。

予習を完璧にして、1ヶ月で2ヶ月分の内容をやりきりました

Eri:マンツーマンレッスンはいかがでしたか?ビジネス英会話のレッスンを行いましたね。

近藤さん:自分の仕事に関係ある実践的な内容でした。
予習の時点でテキストの文章を自分の場合に置き換えて、それを先生に添削してもらうなど、役立てることができました。

Eri:マンツーマンレッスンの宿題は、講師の録音を覚えるというものでしたが、復習もしっかり行うことができたのではないでしょうか?

近藤さん:覚えた英文がすぐにグループレッスンなどで使えて良かったです。

Eri:近藤さんが素晴らしいのは、予習が完璧だった所です。
ビジネス英会話のテキストをお渡ししたときに「予習頑張るんで1冊全部やりたいです」って言ってくださって。
1冊をマンツーマンレッスンでやり遂げるには、だいたい1ヶ月半〜2ヶ月くらいかかるので、1ヶ月コースでスケジュールを組むとかなり駆け足のペースなんですよね。 あの予習の時間はどのように確保されたんですか?

近藤さん:スパルタ英会話に通っている間は仕事がなく暇なのでやってただけです(笑)。

Eri:いやいやいや(笑)。毎日グループレッスンに4時間出ている時点でかなりタフだと思いますよ。最初のスケジュール組んだ時、正直私は完遂できるか少し心配でした。
時間があっても、勉強以外にも色々な誘惑があるじゃないですか。

近藤さん:「もったいない」って思って。
アメリカに戻るまでの時間が限られてましたし、せっかくだから、マンツーマンレッスンを有意義な1時間にしたいなって思ったからですかね。

スパルタの仲間に刺激を受けた

Eri:どのように予習していましたか?

近藤さん:テキストを見て、スクリプトを作って、あとは自分の仕事とか振り返ったりして。
振り返りながら「こういうこと実際に言ったことあるな…」とか「日本語でも言ったことあるな」とか思い出しながら、作ってましたね。

Eri:素敵ですね。
モチベーションがずっと毎日高いまま来てくださってたじゃないですか。
グループレッスンで他の方を見る以外に、どのようにモチベーションを維持されたのですか?

近藤さん:「お金がもったいないな」って気持ちと(笑)。
あとは、職場の人とのコミュニケーションも継続的にとっていたので、色んな人と関わって、皆は普段仕事をしているのに自分は何もしていなかったらやばいかなって思いました。
繰り返しになるんですが、やっぱりスパルタの他の受講生でも求職や転職の合間の方もいて、凄い沢山勉強されてるので、ちゃんとやらないと!と思うことができました。

Eri:なるほど。いいですね。
生徒さん同士の交流でモチベーションを高め合えたっていうのも大きいんですね。 素敵な話ありがとうございます。

市販テキストも選んでもらえて馴染みやすかった

Eri:次はコンサルティングについて、お伺いします。
近藤さんは元からハイレベルでしたから、私としては教える側として、どうしようか悩みましたよ。

近藤さん:いやいや、初級者用の単語帳とか出来なかったですし。

Eri:難しかったですよね。
クイックレスポンスっていう自主学習をやってもらってたんですけど。 基本的にこれまで英語でお仕事をされたことがあまりない。 使うことはあるけれども、通常英語をバリバリ使う業務ではない…という現状から、目標としてビジネス英語を身に着けましょう、と決めましたね。
なので、それに合わせてテキスト等やっていただきました。 でも…出来てましたよ?

近藤さん:ありがとうございます。勉強の仕方とかも教えていただいたり、テキストも市販のものも選んでおすすめしていただいたので、馴染みやすかったですね。
わかりやすく、今後も自習を続けていけると思います。
卒業した今もシャドーイングや英作文は続けています。

Eri:是非継続してください!
あとは、旦那さんと一緒に復習していたというお話も私は好きなんですけど(笑)。

近藤さん:そんなに沢山はやっていませんが、例えば新しく覚えた言葉とかを「こういうの知ってる?」っていう感じで、復習していました(笑)。

Eri:それすごく素敵。旦那さんも英語勉強されてますもんね。ぜひ今後も二人でレベルアップしてください。

英語学習は書いたり読んだりだけでなく、喋る機会とバランスをとることが大切

Eri:最後にこれからスパルタに通う方に一言メッセージをお願いします。

近藤さん:どうしても語学勉強は、書いたり読んだりするだけになってしまうイメージがありがちだと思うんですけど、実際に喋る機会とバランスをとるっていうのが一番大事。 どれが欠けてもだめなのかなって思います。
その両立ができるのがスパルタです。

Eri:ありがとうございます。勉強と喋ること、両立ができるスクール。
CMに出てもらってもいいぐらいの文言ですね!(笑)

近藤さん:以前、語学学校の先生にスピーキングとリーディングとライティングとヒアリング…英語はどれが大事かって聞かれたことがあります。
私はスピーキングって答えて、周りの生徒もスピーキングって答えている人が多かったんですが、でも、答えは「全部」だったんです。
「全部同じ量をやらなきゃダメだ」と。
比較的、読んだり聞いたりすることは一人でもできるので、機会は作りやすいと思うんです。でも話すというのは一人ではやりにくいので、そこは英会話教室などで機会を得る必要があるかと。

Eri:スピーキングは、相手がいないと成り立たないですからね。
本当に充実した1ヶ月間を過ごしていただいて、私も嬉しいです。

近藤さん:はい。英語学習に必要なもの全部まかなえてもらえたと思います。
ありがとうございました。

自分に合った学習方法にお悩みなら
まずは無料体験レッスンへ

スパルタ英会話ではあなたの目的とライフスタイルに合わせて、最もスパルタになれる学習プランを組み立てます。
学習方法や英会話スクール選びにお悩みでしたらお気軽にご予約ください。