【英会話上達のコツ】いざ話すと語順がバラバラになってしまうアナタにおすすめのトレーニングはコレ!

読み書きはできるし、短い英会話フレーズも知っている。それなのに、英語で少しまとまった事を言おうとすると、とたんに頭の中で語順がバラバラになってしまう!…そんな悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?かくいう私も、留学して本格的に英会話を習い始めたばかりの頃、「英語を瞬時に組み立てられない」という壁に直面していた一人でした。何が原因なのでしょうか?どうしたら打開できるのでしょうか?今日は、私の経験を踏まえ、文章をスラスラ言えるようになる方法をご紹介します!

語順がバラバラになってしまう原因は?

 

 「日本語→英語への翻訳」にあった!

多くの方は、学校で文法を勉強しているので、書けば書けるという方は多いと思います。しかし、いざスピーキングとなると、とたんに語順がバラバラになってしまう!…これは、頭の中で、「英文の組み立て」が話すスピードについていけていないときに起こります。そして、多くの場合、日本語を英語に翻訳しようとしていることが原因です。日本語と英語では、文章の組み立て方が全く違うので、日本語から英語に翻訳しようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。特に英語は、主語や動詞などの大事なキーワードを先に言わなければなりません。大事なキーワードが文中や文末に来る日本語を先に考えてから翻訳していては、出だしからうまく英語にできないのです。もちろん、英語ビギナーにとって、思ったことを瞬時に英語にするのは簡単ではありませんよね。しかし、あるポイントを押さえれば、ある程度まとまった文章でも瞬時に口に出せるようになります。

まずは「構文」を覚えてしまおう!

 

 「イディオム」や「語彙」は二の次でいい

日本の学校教育の影響で、私たちは英語の勉強というと「まず語彙を増やそう!」と考えがちです。けれども、私が英語を使えるようになって感じたのは、日常会話では、語彙力は中学校レベルで十分だということ。逆にいくら語彙力があっても、スムーズに話せるとは限りません。まず大切なのは、とにかく「基本の構文」を瞬時に言えるようになることです。そしてそれができたら、次に「イディオム」をマスターして表現の幅を広げていきます。難しい語彙を知らなくても、簡単な単語に置き換えれば十分に伝えられるので、「語彙力」は徐々に増やしていけば問題ありません。もちろん、平行して勉強できれば良いのですが、スピーキングを伸ばしたいのであれば、とにかく「基本の構文」を押さえることです!

押さえるべき「構文」は、例えば

Why is he so picky?
I’m thinking of cooking tonight.
It was too cold to go out.
I’m in the mood for curry and rice for dinner.
I’ve already sent a Christmas card to my family.

といった、誰もが学校で習うとてもシンプルな構文です。どちらかというと「パターン」という方が近いかもしれませんね。この「パターン」を、言いたい事を思いついたときに瞬時に引き出せるように、常に頭の中にスタンバイさせておくのです。「今日は寒すぎて外に出られなかった」と心に浮かんだら、瞬時に「It was too〜to〜」の構文を引っ張ってきて、丸ごと自動的に口に出す、といった具合です。

簡単なようですが、「瞬時に」というのがポイント!基本の構文を使ったフレーズを実際に何度も口に出して、文法を考えなくても、丸ごとスラスラと口を突いて出てくるまで覚えてしまいましょう。英語は、日本語と違い、構文やフレーズなどの「パターン」さえ覚えてしまえば、意外に多くのことを表現できます。したがって、この構文をたくさん瞬時に引き出せるようになると、ある程度まとまった英語もスムーズに言えるようになりますよ☆

私が実際に使って効果のあった「1秒英会話」トレーニング

私が実際に「構文」を瞬時に引き出す練習に使っていたのが、「1秒英会話」という本です。基本の構文を使った短い文章例がたくさん載っているので、これをただひたすら繰り返し口に出して練習するだけ!実際に話すときにはスピードが大事なので、1秒で言えるように、テンポ良くスラスラと言えるまで練習しましょう。この教材は文庫本サイズやkindle版も出ているので、持ち歩きがしやすいのもオススメの理由の1つ。通勤や通学の時間、寝る前やちょっとした隙間時間に、1日5分だけでも継続してやってみると効果がありますよ!

▶︎1秒英会話

まとめ

基本の「構文」を瞬時に引き出せるようになると、それだけである程度、まとまった文章がタイムリーに言えるようになります。すると、英語ビギナーでも「流暢に喋れた!」という感覚を味わうことができるはず! この感覚が、英語を話す自信や「もっと話せるようになりたい!」というモチベーションにも繋がります。そして、引き出せる構文が増えてくると、自然と日本語から英語に翻訳しなくても、自分の言いたい事を直接、英語で表現できるようにもなりますよ♪「瞬時に文章が言えない!」とお悩みの方は、ぜひ一度試してみてくださいね☆

The following two tabs change content below.
apricot

apricot

英語を完全に諦めかけていた20代最後のある日、「やりたい事をやろう!」と思い立ち、7年勤めた大企業を辞めて単身カナダへ。ワーキングホリデーを通して「英語を使って世界中の人とコミュニケーションできる楽しさ」に目覚め、帰国後も仕事や国際交流で英語に触れる日々を過ごす。国際結婚後、現在はアメリカ・オハイオ州在住。アメリカの生活に役立つ情報や面白ネタをお届けするブログ「Days in the U.S.A」を運営。