ビジネスシーンでも使える!丁寧な英語の言い回し基本フレーズ

ビジネスシーンなどのフォーマルな場で英語を使うときには、その場に合ったフォーマルな英語を使用する必要があります。一般的な日常会話で使うようなカジュアルな英語はビジネスのシーンには適していません。そこで、今回はビジネスで通用する英語の基本フレーズをご紹介します!ビジネス英語や丁寧な英語を学びたい初心者さんは必見です。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 まずはここから!この一言で一気にフォーマルになる!

まずは一言だけで、一気にフォーマルになる言葉をご紹介します。様々なシチュエーションで使える言葉なので覚えておくと便利ですよ。

 

 Okay →Certainly「かしこまりました」

例えばお客様や目上の人に何かを頼まれたときに「かしこまりました」というニュアンスで使えます。

Can I get some water? 
お水もらえる?

Certainly, sir. 
かしこまりました。

高級なホテルや飛行機内でキャビンアテンドさんがよく使う言葉です。男性にはSir、女性にはMa’amと呼びかけるのもビジネス英語の基本です。

 文章を少し変えるだけで丁寧になる!

質問をするときに最初の言葉を少し変えるだけで丁寧な言い回しになります。

 

 Do you want →Would you like 「いかがですか?」

Do you want another cup of tea? 
もう一杯お茶欲しい?

→Would you like another cup of tea? 
もう一杯お茶はいかがですか?

また、肯定文でも同じように丁寧になります。

 

 I want to→ I’d like to「したいです」

I’d は I would の省略形です。この言い回しは、かしこまったビジネスシーンだけでなくレストランで店員さんにお願いする際にもよく使われる言い回しです。

I want to have a cup of coffee. 
コーヒーが欲しい

→I’d like to have a cup of coffee. 
コーヒーをいただきたいです。

 

 Can you→Could you「していただけますか?」

Can you tell me the way to Kyoto station? 
京都駅までの道を教えてくれる?

→Could you tell me the way to Kyoto station? 
京都駅までの道を教えていただけますか?

Do を Wouldに、CanをCould に変えるだけで控えめな表現になります。

 

 Can I→May I 

Can I have your name? 
名前はなんですか?

→May I have you name? 
名前をお伺いしてもよろしいですか?

例えばカジュアルな場では相手の名前を聞くときに“What’s your name?”とダイレクトに聞くことも多いですが、ビジネスシーンではNGです。CanをMayに変えるだけで、ビジネスでも使える丁寧な英語になるので覚えておきましょう!

 

 「ありがとう」を丁寧に伝える?

 

 Thanks. → I appreciate it. 感謝します。

もちろん「ありがとうございます」という意味で”Thank you very much”でもOKですが、丁寧に感謝を伝えるときやフォーマルな場でのお礼に”Thank you very much”に加えて、付け加えることができる便利な言い回しです。

 

 まとめ

いかがでしたか?この記事ではビジネスでも使えるような丁寧な言い回しの英語の基本フレーズをご紹介しました。ビジネス英語と聞くと、ちょっと身構えてしまうかもしれませんが、今回紹介したようなシンプルな言い回しならできる気がしませんか?ビジネスシーンでなくても目上の人や何かを頼みたいときに丁寧に、控えめな表現を知っておくととても便利ですので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

The following two tabs change content below.
mija

mija

筑波大学大学院修了。ニュージーランド留学、カナダワーホリ経験有り。大手銀行カスタマーセンターにてバイリンガルオペレーターとして就業。 現在はカナダを拠点に、世界を旅しながらフリーランスウェブライターとして活動中。