【『恐れ入りますが』って英語でなんて言う?】クッション言葉で接客英語を極めよう

『恐れ入りますが』『お手数ですが』など、本題に入る前に一言添えるだけで丁寧さが一気にアップするクッション言葉。接客のプロ・客室乗務員が、英語のクッション言葉をご紹介します。接客英語のスキルアップを目指す方は必読です。

 英語にもあるクッション言葉

『恐れ入りますが』『お手数ですが』『申し訳ございませんが』などのクッション言葉は、接客業に従事する人なら基本の接客用語ですよね。

日本語独特の敬語表現だと思われている方も多いかもしれませんが、実は英語にも同じ働きをするクッション言葉が存在します。

クッション言葉を使うのと使わないのでは、相手に与える印象が全く違ってくるので、特にホテルや航空業界、企業受付などの、一流のサービスを期待される職業の方は、ぜひ使いこなしましょう。

 使えるクッション言葉5選

サービス業で使用頻度の高い5つのフレーズをご紹介します。

 

1、I’m afraid

ネガティブな内容を伝えるときに使うと、『申し訳ございませんが』という、残念な気持ちや申し訳ない気持ちを添えることができます。

I’m afraid we ran out of chicken.
あいにくチキンは品切れでございます。

 

2、I’m sorry to bother you but

何かをお願いするときに使うと、『お手数をお掛けして申し訳ございませんが』という気持ちを表すことができます。

I’m sorry to bother you but may I ask you to return your seat back to the upright position?
お手数ですが、座席の背もたれを元の位置にお戻しいただけますか?

 

3、Could you kindly/possibly

何かをお願いするときに使うと、『もし可能でしたら』という意味を添えて、へりくだった表現になります。

Could you kindly help me close the window blind please?
もしよろしければ窓のブラインドを閉めていただけますか?

 

4、It would be great/appreciated if you could

『〜していただければ幸いです』という丁寧なお願いの表現です。ビジネスのメールなどでもよく使われます。

It would be great if you could fill in the service satisfaction survey.
顧客満足度アンケートにご記入いただければ、大変嬉しく存じます。

If you have time(お時間がありましたら)や、 If it’s not too much trouble(ご迷惑でなければ)などをプラスするとさらに丁寧です。

 

5、I’m wondering if you could

ストレートにお願いするより、婉曲的な表現になります。

I understand you requested the aisle seat, but I’m wondering if you could kindly swap seats with that passenger?
通路側の座席をご希望されたのは存じていますが、もしよろしければ、あちらのお客様と座席を交換していただけないかと思いまして…

 Pleaseはクッション言葉?

学校で、命令形に『please』をつければ丁寧な言い回しになると習いましたよね。もちろん、単なる命令形より丁寧であることに間違いはありませんが、残念ながら命令形という事実は変わりません。

Please fill in this form.
この用紙に記入してください。

と、命令形にPleaseをつけてみても、やはりクッション言葉を使う場合と比べるとぶしつけに聞こえてしまいます。

機内でお客様が保安に関わる指示を守らない場合には、強めの表現を使わなければならないこともありますが、この際にもクッション言葉が役立ちます。

I’m afraid I have to ask you to return to your seat.
申し訳ございませんが、座席にお戻りになるようお願いいたします。

『I must ask you』や『 I have to ask you』という、かなり強い要求の表現も、クッション言葉のおかげで失礼に聞こえずにすみます。

 ビジネスや日常会話でも大役立ち!

英語のクッション言葉は他にもたくさんありますが、接客で特によく使われるものをご紹介しました。この5表現を使いこなせるようになれば、お客様に対するあなたの印象もぐっとよくなりますよ!ビジネスや友達との会話でも役立つので、ぜひ普段からクッション言葉を使って会話をする練習をしてみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
saae

saae

ロンドン在住のフリーライター。イギリス・フランスでの10年以上の生活経験を活かし、海外生活や子供の多言語教育、接客英語、イギリス英語などについての記事を主に執筆中。都内外資系ホテルのコンシェルジュやイギリスで客室乗務員としての勤務経験あり。獨協大学フランス語学科卒業。英検1級、TOEIC980、フランス語検定準1級。