英語がマストな外資コンサル

コンサル業界の人が英会話力が短期で必要な理由(外資系ファーム編)

コンサルの中でも人気の高い外資系ファーム。外資系と聞くと英語は必須!と考えがちですが、入社時も必ずしもペラペラである必要はないファームもあります。

しかし一旦外資系に入った以上は、英語は急ピッチで身に着けていく必要があります。その4つの理由を解説していきましょう。

その1…即戦力として活躍できる

外資系のコンサルファームの特徴は「実力主義」。即戦力となる人材が求められています。欧米では使えない人材は早々に見限られ、ある日突然クビというのも日常茶飯事。日本では労働基準法に守られているとはいえ、即戦力にならないと判断されれば確実に評価に響いてしまいます。

そして即戦力の判断基準のひとつが、この英会話力なのです。英会話力があれば入社後のスタートダッシュによい追い風となり、使える人材として周りに印象づけるきっかけになります。

その2…業務をスピーディに進められる

外資系の仕事ぶりはまさに激務。繁忙期は家へ帰れないこともあるほどです。従っていかに業務を効率よくこなしていくかが大切になってきます。

外資系ファームでは突然英語で電話がかかってきたり、ミーティングが全て英語だったりということもあります。そんな時に英語を理解するのにいちいち手間取っていたら大変です。自分だけでなくプロジェクトチーム全体の足を引っ張ることになりかねません。

英会話力とは業務を行う上での道具にすぎませんが、特に外資系では高いパフォーマンスを発揮するために必要なスキルなのです。

コンサルの実践英語

その3…実戦でより英会話力が磨かれる

英会話は生モノですから、言い回しや使い方などは時代と共にどんどん変化していきます。そのため英会話は最初から完璧である必要はありません。

英会話力がある程度あれば、自分なりの表現を使いながらネイティブ達のリアルな英語を吸収していくことができます。そして学んだ英語はすぐ現場で使うことができるため、英会話力はさらに洗練されていきます。

その4…自分の視野が広がる

英会話力があるということは、日本の何倍もの人たちと言葉を交わすことができるということです。そのメリットは言葉のみならず、その背景にある価値観や考え方にまで影響を及ぼします。

世界を舞台に様々な人たちと交流することは、全く新しい考え方や物ごとへの見方との出会いでもあります。そうやって自分の視野を広げ、その成果をさらに仕事へと活かしていくことができるのです。

 

まとめ

外資系ファームで働くなら、英会話力はあるに越したことはありません。しかも他のコンサルファームよりも英語を使う機会が多いため、英会話力をさらに高めてくれるというメリットもあります。

今英会話力に自信がない人でも大丈夫。英語はいつでも始められます。毎日少しずつでも英会話力を磨くことで、一歩一歩自分の目標とするコンサルに近づいていきましょう。