日本語なまりにサヨナラ!すき間時間で英語の発音を磨くおすすめの無料アプリ3選

 

英語の発音を上達させたいけど、英会話学校に通う勇気はまだないという方や忙しくてまとまった時間が取れないという方に、すき間時間を利用して英語の発音を矯正できるお勧めのアプリをご紹介します。まずは無料アプリで発音練習を始めてみましょう!

アプリを使えばすき間時間に発音上達も夢じゃない!

独学で英語を学習している方も多いかと思いますが、発音はネイティブや英会話講師などのプロに矯正してもらうのが上達への一番の近道です。

とは言え、英会話スクールに通う時間が取れない方や、まだ人前で英語を話す勇気がないという方もいるでしょう。

そんなあなたには、すき間時間で気軽に始められる発音練習アプリがお勧めです!

発音練習アプリを選ぶポイント

発音練習アプリはたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。アプリを選ぶ際にチェックするべきポイントを優先順位が高い順にご紹介します。

 

  1. 自分の発音を録音してお手本と聞き比べる機能がついていること
  2. 自分のレベルに合っていること
  3. 採点機能がついていること

1. 自分の発音を録音してお手本と聞き比べる機能がついていること

録音された自分の声を聞いて、思っていた声と違ってびっくりした経験は誰でも1度くらいはあるのではないでしょうか?

自分ではうまく発音できていると思っていても、客観的に聞いてみると『音がブツブツ切れている』『カタカナ発音になっている』といった明らかな欠点に自分自身で気づくことができます。

逆に録音機能がついていないと、どこが悪いのか分からないので矯正のしようがありません。

2. 自分のレベルに合っていること

自分のレベルに合ったアプリを使うことで、練習の効果がよりアップします。

あまりにもレベルが低すぎるものだと単なる発音ゲームで終わってしまいます。逆に、難しすぎると内容についていけず、学習が続かないということがよくあります。

初級者から上級者までレベルを選択できるアプリは長く使えるので、たとえ有料でもダウンロードしておいて損はないでしょう。

3. 採点機能がついていること

これは必要不可欠!というわけでありません。でも、採点機能や、高得点を取るとレベルが上がっていくようなゲーム感覚の設定があるアプリの方が、楽しみながら練習できて飽きません。

ただし、お手本の英語がアメリカ英語だと、イギリス英語で発音しても高得点が取れないなど、採点機能は絶対ではないので、あまり神経質にならないようにしましょう。

お勧めの無料で使える発音練習アプリ3選!

私が実際に使ったお勧めの無料発音練習アプリをランキング形式でご紹介します。

第1位 動画で楽しく英会話、英単語学習

デベロッパ:EnglishCentral, Inc

アプリのダウンロードはこちらから

初めに自分の英語のレベルを設定して、様々なジャンルの動画の字幕を見ながら音読します。

発音だけでなく、リスニング、リーディングが一気に学習できて無料という(有料オプションあり)優れものです!

実はこのアプリ、私は今でも使用しています。

 

第2位 ELSA Speak – アクセントを強化しよう!

デベロッパ:Elsa Corp

アプリのダウンロードはこちらから

自分が発音したい単語やフレーズを録音すると、ELSAがあなたの発音を分析して矯正してくれるバーチャル英会話スクール感覚のアプリです。

毎日10分の発音練習を行うことで高い効果が得られるとのことで、同じ時間にアプリを開くようリマインダーをセットするよう勧められます。

しっかり発音矯正をしたい方には効果的なアプリなのですが、説明などが全て英語で行われるので初心者には向いていません。

有料オプション(Elsa Speak Pro)あり。

 

第3位 スピーキング&リスニング 英語発音ドリルAtoZ

デベロッパ:MINTFLAG Inc.

アプリのダウンロードはこちらから

対象年齢9歳〜11歳の初心者向けの発音アプリです。

子供向けなので簡単な単語や短いフレーズが多いのですが、意外と採点が厳しくて100点が取れるまでついつい頑張ってしまいました。

例えば、『Why?』のような簡単そうに見える短い単語も、実は日本人はきちんと発音できていないことが多いので、基礎から発音を見直したいという方にはお勧めです。

 

番外編 SiriやWatsAppの音声入力機能も侮れない!

英語の発音上達は、英語で言葉を発する機会をできるだけ増やすことが大切です。

そこでお勧めなのは、iPhoneに搭載されている音声認識ソフトのSiriの言語設定を英語することです。

Siriには録音機能などはついていないので、自分の発音を聞き直すことはできませんが、きちんと発音しないと正確に聞き取ってもらえないので発音の力試しになります。

同様に、WatsAppなどのメッセージアプリの入力の言語設定を英語にして音声入力するのも有効です。

自分の英語が他の人にどう聞こえているのかを文字で確認することができます。

発音練習アプリのメリット・デメリット

手軽さが魅力の発音練習アプリですが、メリットばかりではありません。アプリを使った発音練習のメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • すき間時間を使って手軽に練習できる
  • 費用がかからない、もしくは安い
  • 実際に人前で英語を話すのが恥ずかしい方でもアプリなら安心

デメリット

  • すぐに飽きてしまって継続できないことが多い
  • 英会話スクールなどで会話をしながら直接発音矯正を受けるのに比べ上達が遅い
  • 細かい発音の間違いは講師に説明してもらわないと理解が難しい

アプリで自信をつけたら実際の会話に挑戦!

学習に上手に取り入れれば、英語アプリは発音練習にとても有効なツールになります。

大切なのは継続して練習すること、アプリを発音採点ゲーム止まりにせず、しっかり発音を矯正することです。

アプリで英語の発音に自信がついてきたら、ぜひ英会話スクールや英会話カフェなど実際にネイティブや英語講師と会話をする機会を積極的に持つようにしましょう。

実際に会話を通して練習すると細かい指導も受けられますし、英語が通じる楽しさを実感することでさらに英語力がアップします!

The following two tabs change content below.
saae

saae

ロンドン在住のフリーライター。イギリス・フランスでの10年以上の生活経験を活かし、海外生活や子供の多言語教育、接客英語、イギリス英語などについての記事を主に執筆中。都内外資系ホテルのコンシェルジュやイギリスで客室乗務員としての勤務経験あり。獨協大学フランス語学科卒業。英検1級、TOEIC980、フランス語検定準1級。