【[Perfect Grammar]1分でわかる中学英文法!スパルタ英会話式重要英文法】「助動詞+完了形」

〜スパルタ英会話式重要英文法〜

Perfect Grammar『スパルタ英会話式重要英文法』
英語学習に必須な重要文法を動画と例文でわかりやすく解説!
ネイティブの発音もチェックして身に付けよう!

【本日のテーマ】

助動詞+完了形

 

  Explanation video (解説動画)

 

 

「助動詞+完了形」

今回は「助動詞+完了形」の使い方について説明します。
「助動詞+完了形」を活用することで、過去における推量/後悔/非難などを表現することができます。
ここで紹介する助動詞は「should」「can」「will」です。
「〜するべきたった」、「〜できていただろう」、「〜していただろう」という意味合いになります。
下記に例文を挙げます。

I should have eaten cake. (私はケーキを食べるべきだった。)

I could have play soccer. (私はサッカーをできていただろう。)

I would have gone to America. (私はアメリカに行っていただろう。)

 

 

「助動詞+完了形」の使い方

  Ex.
   I should have eaten cake.
   (私はケーキを食べるべきだった。)

   I could have play soccer.
   (私はサッカーをできていただろう。)

   I would have gone to America.
   (私はアメリカに行っていただろう。)

 

次のレッスンはこちら
「関接疑問文(ask)」