【私がイギリスで客室乗務員になれた理由】英語習得で可能性を広げよう!

『旅行が好き、英語を使って仕事がしたい』、そんな人たちに人気の職業といえば、客室乗務員(CA)。私も同じ理由でCAを目指していました。日本では実現しなかったその夢を、海外で掴むことになった私の体験をシェアしたいと思います。

日本で叶わなかった夢がイギリスで現実に

面接

私は子どもの頃から英語が好きだったので、『将来は海外に住みたい!』という願いから、海外ベースの外資系エアラインを目指すようになりました。外資系のホテルに就職後、募集が出るたびにシフトを同僚に頼んで調整してもらいながら、何社か面接に臨みましたが、いつも最終面接(英語の個人面接)で玉砕もしくは、補欠というのがお決まりのパターンでした。その後、CAの夢をあきらめてイギリスに留学したのですが、そのまま国際結婚のためイギリスに永住することになりました。現地で日系企業に就職し、エアラインの夢をすっかり忘れて過ごしていたある日、たまたま電車で読んでいた無料の新聞(Metro)の求人欄ににCAの募集を発見!日本での募集と違い、英語のネイティブスピーカーを対象にした募集なので、外国人の私にはチャンスはないかと思いつつ、ダメ元でCV(履歴書)を送ってみることにしました。ところが、予想に反して合格。イギリス人候補者たちを押しのけて、大手エアラインでCAの座を勝ち取ることができた理由を私なりに分析してみました。

日本人の私が現地採用に合格した理由

ビジネスマンたち

英語力ではネイティブに完全に劣っている私がなぜ採用されたのでしょうか?日本とイギリスでのCA選考試験の様子の違いも併せてご紹介します。

 

 理由1:日本ほど受験者のスペックが高くない

日本でのCA採用試験は、応募者が非常に多く、ホテルのバンケットルームなどを利用して行われることも珍しくありません。受験者ひとりひとりのヘアメイクや服装もみんな素敵で、圧倒されてしまうほどです。一方イギリスでは、会場も小さめで、私のときは出発前のクルーが待機するオフィスの一室で面接が行われました。遅刻してくる受験者やジーンズでくる受験者など、日本ほど人気の職業ではないということもありますが、とにかく気合が入ってないのです。CA面接ルックで臨むだけでプラス100ポイント、面接のテクニックを使う受験者は他にいないので小技を取り入れれば、さらに100ポイント追加です。

 

 理由2:日本人はサービスの良さで有名

後から採用担当者に聞いた話ですが、日本人のきめ細かいサービスは海外でも有名で、『日本人』というだけでもプラス要因になるそうです。確かに、欧米人と一緒に働いていると『おおざっぱだなぁ…』と思うことは多々あります。日本人からしてみたら当たり前のことも、あちらの人には、ものすごく几帳面で丁寧に映るようで、これは棚から牡丹もちですよね。

 

 理由3:英語以外の言語が強みになる

英語は完璧であるに越したことはありません。でも、エアラインのような他言語環境のサービス業では、英語だけしかしゃべれないネイティブより、英語もこなせてアジアの言語が母国語レベルの外国人が重宝されることも珍しくありません。エアラインによっては、第二言語がしゃべれることが応募条件になっています。

 

 理由4:開き直り

最後に開き直り、これが一番大きかったのではないかと思っています。英語はネイティブにかなわないし、どうせ受からないだろうというダメ元受験だったので、日本で受験していた頃のように緊張せず、リラックスして臨めたのがよかったのでしょう。

ネイティブレベルじゃなくても海外で仕事はできる?

チェックインカウンターでのビジネスマン

日本にいた頃もホテルで英語を使う仕事をしていましたが、間違った英語をしゃべったら恥ずかしいという気持ちから、なかなか英語は上達しませんでした。CAの同僚たちは、英語圏以外の出身者が意外と多いのですが、みんなよくしゃべります!ちょっとくらいの文法の間違いやなまりは気にせず、ガンガンしゃべっている同僚を見ているうちに、私も自然と気負わずに英語がしゃべれるようになりました。今では、自分の日本語英語をネタにして、笑いを取っています。

英語力を身につけて夢を叶えよう 

CAには、サービス精神やチームワークの良さ、保安要員としての冷静な判断力など、様々な要素が必要とされます。その要素が備わっているのに、英語がネックになってあなたの魅力を十分に面接で発揮できないなんてもったいないです!ネイティブのような完璧な英語じゃなくても、堂々と自分の意見が発言できる英語力を身につけましょう。そうすれば、英語を使った仕事や海外での就職の可能性が一気に広がります!英語を習得してあなたの夢を現実にしましょう。

▶︎関連記事

【CA志望者は必見】英語グループ面接で絶対に面接官の印象に残るとっておきの裏技!

The following two tabs change content below.
saae

saae

イギリス在住のフリーライター。ロンドンとパリに10年以上在住している経験を活かし、海外生活についての記事や、英語教育、子供の言語教育、美容・ダイエットについてのブログ記事を主に執筆。ホテルのコンシェルジュや、イギリスでの客室乗務員としての勤務経験あり。フランス語検定準一級、英検1級、TOEIC980。