教授の英語力が短期で必要性な理由

大学教授は何故英語が必要なのでしょうか。

グローバル社会が進み、海外との交流、コミュニケーション力が求められ、面接の段階で英語力を求める企業も増えてきています。その為には大学でのグローバルな活動、またグローバルな活動ができる生徒育成は必須となります。

          

企業のグローバル化

企業のグローバル化

グローバル化が進むにあたり、企業も英語ができる人材を求める事が多くなる為、学生にも英語でのコミュニケーション力を求めてきます。

2010年以降半数以上の企業が、簡単な読み書きや会話ができるレベルの英語力を求めています。TOEICでいうと500点レベルです。

※下記グラフ参照 [出典元: https://doda.jp/guide/ranking/056.html]

出典元: https://doda.jp/guide/ranking/056.html 

 

TOEIC500点はどうやれば取得できるのか?

 

さてそれでは具体的にTOEIC500点というのは、どれ位の内容なのでしょうか。特に英語に特化した学校などで勉強をしていない、ある程度の勉強をした受験者が到達する点数と言えます。

具体的にいうと、中学や高校でやってきた事をしっかりやっていれば、取得できる点数です。

英語に自信がなく、TOEIC の勉強を始めたばかりの人がまず目標にする点数とも言えます。

 

TOEICの受験者数と平均点数の増加

 

上記の表でもわかるように、2007年にTOEICの初級レベルを求めている企業は14.4%に過ぎなかったのですが、2012年には61.0%と増加を続けています。今後もTOEICを初めとする英語力を求める企業は増えていく傾向にあり、大学側でも対応が必要になってきます。

またTOEICの受験者数も年々増えています。

 

TOEIC公式、テスト受験者数の推移

TOEIC受験者推移

出典元: http://www.toeic.or.jp/library/toeic_data/toeic/pdf/about/transition.pdf

企業側も受験者側のTOEICの重要性が高まってきていると言えます。

 

大学とグローバル化

大学のグローバル化

2014年以降、スーパーグローバル大学の創設支援事業が始まりました。

これは文部科学省が重点支援するもので、大学の世界ランキング入賞を目指したり、グローバルな取り組みをする大学を増やそうというものです。

出典元: http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/sekaitenkai/1360288.htm


現段階ではトップ型とグローバル化牽引型を合わせて、37校なのですが
小学校での英語が必修化する事により増る事が予想されます。

 

まとめ

日本で英語を含め、外国語の授業を受ける機会が世界に比べまだまだ少ないのです。それは教える事ができる教員の少なさにあります。

また海外からの留学生との異文化交流の場も増えていきます。今後グローバル社会に対応し、しっかりと教育のできる教員を増やす事が課題になるでしょう。