CA (キャビンアテンダント)は英語が必要

CA(キャビンアテンダント)の英会話力が必要性な理由 (航空業の英語事情)

女性に人気の職業のひとつ、CA (キャビンアテンダント)にも英会話力が求められます。日本の航空会社ならTOEIC600点以上が基準といわれており、CA (キャビンアテンダント)を目指すなら基準のレベルは、クリアしておきたいところです。ここでは、CA (キャビンアテンダント)の英会話力がなぜ必要なのかをご紹介します。

 

外資系の航空会社でも英語力が問われるから

CA (キャビンアテンダント)といっても日本だけではなく、アジアやヨーロッパ、アメリカなどさまざまな航空会社のCA (キャビンアテンダント)がいます。どの航空会社でも英語力、特に英会話力は必須とされています。日本ではTOEIC600点以上が最低ラインとされていますが、海外では730点以上、ビジネスで使えるレベルが当たり前に求められます。

ちなみに日本では英語ができるとスゴイと思われますが、海外ではできて当たり前だと思われることも。そのため、高い会話力が求められています。

 

外国人のお客様の役に立つことができるから

何といってもお客様に喜ばれた時というのは、どの仕事でもやりがいを感じますね。日本の航空会社を利用する外国人もいますので、何かを聞かれた時にスムーズに英語で対応できるほうが望ましいでしょう。

外国人は日本人とは違う視点で、日本を見ます。ささいな文化の違いに「なぜ?」と疑問に思うことも。また体調不良になってしまった際も、英語が話せるCA (キャビンアテンダント)はお客様にとっても、心強い存在になることができます。

 

外国人CA (キャビンアテンダント)とは英語での会話が多いから

同僚に、外国人CA (キャビンアテンダント)がいる航空会社もあります。CA (キャビンアテンダント)はチームプレーも重視されるお仕事ですので、同僚とは意思疎通をはかっておきたいですね。コミュニケーションの良さは、仕事やお客様の満足度にもつながる鍵。

外国人CAと話すことで、自分の英会話力もアップさせることもできます。積極的に話すなら、やはり基本の英会話力は必須ということがいえます。

 

目的地の空き時間を有効利用できるから

日本と海外を往復する便では、現地での空き時間ができることがあります。その際には、せっかくなのでショッピングやランチを楽しみたいですね。この時も、海外旅行レベルの英会話力があれば、ひとりでどんどん行動できるメリットがあります。

英語ができると、仕事でもプライベートでも活動範囲が広くなるのです。

CAの自由時間 (航空業の英語)

まとめ

CA (キャビンアテンダント)の募集はその年により変動します。求人が出たらすぐに応募できるよう、英語は身につけておくほうがベター。短期間で取り組むのが、無駄なコストもかからず一番の近道です。短期で集中すれば、学習効果も高まります。自信を持って、CA (キャビンアテンダント)への道を切り拓きましょう。