【ワーホリ人気職】ハウスキーパー必読!基本の接客英会話フレーズ

”Housekeeper(ハウスキーパー)”とは、客室や館内の清掃などを担当するスタッフのことです。英語があまり話せなくてもできる仕事の一つとして、ワーキングホリデーでの人気の職業の一つでもあります。ハウスキーパーの仕事は、基本的に宿泊者が外出中に行われますが宿泊者が部屋にいる場合や、部屋で何か問題があった場合などにお客様に呼ばれて対応する必要があるというシチュエーションもあります。今回は、海外のホテルや日本のホテルで外国人のお客様を相手にハウスキーパーの仕事をする際に知っておきたい基本の英会話フレーズをご紹介します!

 

 ハウスキーパーの接客英語基本フレーズ

Housekeeping. 
ハウスキーピングです。

May I come in? 
入ってもよろしいでしょうか?
May I clean your room now? 
今お部屋の清掃をしてもよろしいでしょうか?

まずはお部屋のドアの前で自分がハウスキーパーであることを名乗り、清掃をして良いかを宿泊者に確認します。一般的に多くのホテルのドアには札がかかっています。

「Do not disturb= 起こさないでください(邪魔をしないで)」

「Clean the room=掃除をしてください」

の表記が書かれた札を見たことがある人も多いのではないでしょうか?

Please come in. 
どうぞ、入ってください。

Can you come back later?  
あとで来てくれますか?

宿泊者が部屋にいる場合は、こんな風に返されることが多いでしょう。


Certainly.
かしこまりました。

I will come back later. 
後ほど参ります。

ホテルで働くスタッフは宿泊者との会話は、丁寧な英語が基本です。「はい」という意味で「OK」と軽く答えるのではなく”Certainly”とさらりと言えるように練習しておくと良いでしょう。

 

 電話を受ける際の英会話フレーズ

宿泊者の部屋に何か問題があったり、宿泊者が何か必要な時にハウスキーパーが電話を受ける場合もあります。ここからは電話の受け方〜部屋での対応までに使える基本の英会話フレーズをご紹介します。

Good afternoon. Housekeeping. How may I help you?
こんにちは、ハウスキーピングです。いかがなさいましたか?

*電話を受ける時間に合わせて、Good morningやGood eveningなど丁寧な挨拶をするのが一般的です。


Certainly. Could I have your room number, please?
かしこまりました。お部屋の番号を教えていただけますか?

Can I ~?ではなくCould I~?にすることで丁寧な英語になります。

I will send someone to your room right away.
すぐに係の者を向かわせます。

I’m sorry to have kept you waiting.
お待たせしました。

 

Here is your towels.
これがあなたのタオルです。

”Here is your~”は「これが〜です」とお客様に頼まれたものを渡す時に使えるフレーズです。

Is there anything else I can do for you?  
他に何か必要なことはありますか?

頼まれたことを終えてその場をすぐに離れるよりもこのようなフレーズを残してからその場を離れることで宿泊者により良い印象を与えることができます。

 

 まとめ

いかがでしたか?この記事では、ハウスキーパーが知っておくべき接客英語フレーズをご紹介しました。基本的には、お客様が外出中に仕事をすることが多いハウスキーパーですが、ホテルで働く以上最低限のマナーや挨拶、宿泊者に失礼のない接客英語フレーズを知っておく必要がありますよね。いざという時に焦らずに笑顔で対応できように、ぜひ今回紹介したフレーズを覚えてみてくださいね!

▶︎使える敬語表現についてはこちらもどうぞ!
【その接客英語大丈夫?】使いこなすべき敬語表現3パターン

The following two tabs change content below.
mija

mija

筑波大学大学院修了。ニュージーランド留学、カナダワーホリ経験有り。大手銀行カスタマーセンターにてバイリンガルオペレーターとして就業。 現在はカナダを拠点に、世界を旅しながらフリーランスウェブライターとして活動中。