俳優・女優英語-ハリウッド英語

俳優・女優業で海外を目指すなら知っておきたい英語事情

日本人スターの中には、海外で活躍する人もいます。活躍するまでには、さまざまなスキルが求められると思いますが、中でも英語力はとても重要です。海外では、どのような英語力が必要なのでしょうか。

 

受験英語が完璧でも話せなければダメ

日本企業ではTOEICの点数や資格などが重視され、希望の職を得られることもありますが、俳優として活躍するなら、日常英会話のほうが大切です。中には会話力はあまりなくても、現地に行って身につけてしまう人もいますが、演技の勉強と語学の勉強を平行しなければならないため、非常に大変です。

話せるほうが早いうちから現地になじむことができ、道を切り拓いていくことができるでしょう。会話力をアップさせるなら、できるだけ英語を話す機会を作り、会話に慣れるようにしたいところ。日本人は英語独特の発音やリズムに苦手意識を持っている人が多いですが、間違えてもよいので、思い切って話すことが大切です。

 

英語で自己主張ができなければならない

ハリウッドなどで活躍するなら、自己主張ができなければ、認めてもらえません。日本では謙虚でいることや、控えめな態度が美徳とされることもありますが、海外で存在感をアピールするなら、自分の意見やスキルを主張する必要があります。ハリウッドには、世界各地から同じ夢を目指す人が集まったり、あるいは若いうちからスキルを磨いていたり。

みんな自信に溢れているかのように見えるでしょう。そのような中でステップアップをするのに、英語力に不安を抱えて自信がない状態は、もったいないと思いませんか。

 

積極的に何でも学ぶという姿勢が大切

何でも積極的に取り組む姿勢が、評価されます。上司の指示を待ってから動く日本の社会人とは、正反対の姿勢が好まれるでしょう。何をしたいかが英語で言えることが大切ですが、俳優として活躍するためには、オーディションに合格しなければなりません。

今までの経歴よりも、「何ができるか」ということが重視されます。とても厳しい世界になると思いますが、相手を納得させるだけの英語力や演技力が求められるといえます。

 

初歩的な英語力でもOK!英語を日常にすること

英語力があまりなくても、演技だけではなく、幅広い分野で役立ちそうな特技がある人なら、活躍への入り口が広くなることもあります。たとえばダンスができるという人。簡単な英語だけで、外国人と共通のステップをふむこともでき、そこから交流していくことも。

気が付いたら、英語が話せるようになっていたというケースも少なくありません。日常の中に英語を取り入れることで、スキルもアップしていきます。

俳優・女優業の英語事情

まとめ

日本語だけで過ごしていると、英語力はなかなか身に付きません。そこで日常に英語の時間を取り入れ、英語で話したり考えたりする習慣を、取り入れることをおすすめします。海外で活躍するなら、早いうちに英語はマスターしておきたいところ。短い期間で集中したほうが、英語が身に付き、余計なコストはかかりません。本業に専念するために、目標を立てて計画的にスキルアップをしていきましょう。