英語を話す女性

【英語が話せると便利!】20人以上と話して分かった英語を話せる人の魅力!

私が海外で仕事をしようと決めた大きな理由が「英語を話せる人」の魅力に惹かれたからです。英語を話せる人とそうでない人とたくさん話していくと、色々と違いがあることがわかりました。今回は私がまだ英語を話せなかった時代に、20人以上の英語を話せる人と話をして気づいた「英語を話せる人の魅力」についてお話したいと思います。

 

本を読むだけだと漠然とした違いしかわからなかった

本

日本で5年近く会社員をやっていたころに毎月本を10冊以上読んでいました。その中で、海外で活躍している日本人の方の本もたくさん読みました。そこで感じたのは、「海外って未知の世界で素敵だな」という印象くらいでした。それでも、特に大きな目標もなく会社で働いてしまっていた自分には魅力的なものにうつりました。まだ「海外に行く」「英語を学ぶ」という決断には至らなかったのですが、とにかく実際に海外で仕事をしてる人や英語を話せる人に会ってみようという決断をしました。

 

いろんな人の紹介で会えた様々な「英語を話せる人たち」

友人にお願いして、英語を話せる人を紹介してもらい、またその方にも紹介してもらい、といった芋づる式でさまざまな英語を話せる人たちとお会いしました。ワーキングホリデーに行ったことがある美容師さん、英会話教室で働く方、毎月のように海外出張を繰り返す商社マン、ジャーナリストなどなど、普通に仕事の話を聞いているだけでも楽しかったです。

 

「英語を話せる人」の共通点

男性

そして、数名の方々と話しているときに気がついた「英語を話せる人」の共通点。私が海外で仕事をしたいと強く思った理由になりますね。それをご紹介していきたいと思います。

ベクトルが自分に向いている

日本で働いている人は、何か上手くいかないことがあったときに、他人のせいや周りの環境のせいにしがちです。ですが、英語を話せる方、つまり海外や外国人と関わっている方は、自分に原因があると考えています。そしてそれを解消するためにさまざまな方法を使って乗り越えようとします。これは、日本という一つの環境にしばられていないので、できる考え方だと思います。

とにかく前向きである

とにかく皆さん前向きだなという点です。これも日本以外にいろんな国にいったり、いろんな方々と会っているので、視野が広がっていて、どんな逆境にも諦めなければかならず上向きになるという自信があるのかもしれません。あまり英語を話せて海外で仕事をする方に、居酒屋で愚痴ばかりをいっている人たちのような方を見たことがありません。

日本のことをよく知っている

最後が「日本のことをよく知っている」で、これは私が一番驚いた点です。普通英語を話せたり、海外に行っている方などは「日本に興味がないから海外に行った」と思いがちですが、決してそうではなかったということがわかりました。日本のことを考えているからこその海外だったり、英語で外国人と話すときはある種「日本代表」として話す機会が多くなりますから、自然と日本のことを知っておかないといけない状況になります。

 

憧れた私は英語を学ぶ決意をした

こうして学生時代は一種の拒否反応さえ出ていた英語を学ぶという決意を、20人くらいの英語を話せる人と話すことで固めてしまい、実際に今はアフリカで英語だけでなくフランス語を学びながら仕事をしていることが信じられません。まだ決意が固まらない方は、ぜひ数名の英語を話せる方に会ってみるといいでしょう。