外国人に欲しがられる日本土産シリーズ② 食べ物

外国人に欲しがられる日本土産シリーズの第2回目です。

実際、私が海外から日本に一時帰国する際に、外国人の友人や同僚からお土産リクエストの多いものや、海外に私が持っていくもので外国人の方の興味を引くもの等をご紹介しています。

第2回目の今回は、「食べ物」のお土産です。外国人の意向が把握できていなかった時は、お土産に伝統的な和菓子や、おせんべい、羊羹等を持っていったりしたのですが、時に、会社の冷蔵庫で化石化していく姿を見て、「ショック」を受けていました(笑)。日本に一時帰国する際等に、海外の方から実際にお土産リクエストが来るものは全く違ったものでした。。。以下は、海外の方からのリクエストが多いもの、又は私が海外に持ち帰ったものの中で、海外の友人からの人気の高かった日本の食べ物です。

外国人に欲しがられる日本土産シリーズ① 文房具

チョコレートやチョコレート菓子

イメージ的に、チョコレートは、「日本人が海外旅行に行った際のお土産として買ってくるもの」だったので、日本のチョコレートへの海外から人気の高さが意外だったのですが、①クオリティーが高く甘過ぎない、②珍しいフレーバーがある、③パッケージが可愛い、等の理由で人気があるらしいのです。特に人気が高いものは、海外にも同じブランドがあるのに、日本でしか買えないフレーバーがあるもの。例えばキットカット、ポッキー、オレオ等など。

例えば、キットカットであれば、 桜、日本酒、あまおう、伊予柑等、海外にないバージョンを買っていくと、とても喜ばれます。海外では、いろんなバージョンを集めている人もいて、毎回違うフレーバーを買ってきて欲しいというリクエストも多々。。。

(amazon.co.jpより)

また、同じくポッキーのダブルチョコ、ストロベリー、レモン等といった日本にしかないフレーバーも、とても気に入ってもらいました。その他、チョコレートで、海外からのリクエストが多いものは、メルティーキッスの冬期限定バージョン。口溶けがよく、かわいいパッケージも好まれる様子。ひとつひとつのチョコレートが個別包装になっているところも、食べやすく人気。

 

(amazon.co.jpより)

ラーメン


海外で最近人気の日本食といえば、「ラーメン」。海外にいる日本駐在員の方へのお土産としても最適ですが、海外の人にとっての驚きなのは、日本のインスタントラーメンや即席ラーメンの質の高さ。東南アジア・欧米等では、インスタントラーメンや即席ラーメンはとても安く・質の低いものというイメージ。なので、日本で売られているちょっと高めで、特に麺の質がよいものや有名店とのコラボものには、「驚き」の様子。私の経験では、東南アジア圏・欧米圏の人には、豚骨や担々麺といった、味が濃い系のものが人気。 尚、魚介系スープであっても、ほとんどのラーメンには、豚のエキス・スープが入っているので、ムスリム地域の人へのお土産とする際は、内容をよく確認するようにしましょう。

(amazon.co.jpより)

ふりかけ

ご飯を主食とするアジア圏の方のみならず、欧米でも人気があったのが、ふりかけ。特に欧米では、白米のみを食べるという文化があまりないので、ご飯に「味をつけれる」という感触でふりかけが重宝される様子です。過去に人気があったのは、わさび系のふりかけや、肉・玉子系のちょっと甘めのふりかけ。逆に、ちょっと意見が別れたのは高菜等の野菜系、わかめやゆかり等のふりかけ。小さく軽く、一つ一つが安価なのでお土産としてもっていく方にとっても助かるアイテムですよね。

ご当地土産

どのようにこれらのご当地アイテムを知るようになるのか不思議なのですが、時々日本に行ったことのない海外の関係者からご当地土産をリクエストされて驚きます。日本人にとって「おいしい」と感じるものは、海外の人にも、うけるってことでしょうか。。。ちなみに、過去にとても人気が高かったものは、白い恋人、博多とおりもん、東京バナナ等。

(amazon.co.jpより)

 

尚、「白い恋人」が特別美味しい理由は、クッキーの質の良さとのこと。バターがたくさん入っていて香り高く、歯触りも軽く、もちろんチョコレートの相性も抜群。同じ理由で、日本のデパ地下で買うようなちょっと高級なクッキー、サブレ、リーフパイ等もとてもお土産としては人気が高く、よくリピートのリクエストが来ます。 

使い切りのコーヒードリップや緑茶のティーパック

出張や旅行をよくする同僚や友人等に「便利!」と評判なのは、使い切りのコーヒードリップバック。それなりの質のものを使い切りでドリップできるので、とても重宝されます。日本に旅行する際に多量買いする人も。。。こだわりのコーヒードリンカーには、自分の好きなコーヒーを入れてもらうために、使い捨てドリッパーのみをお土産にすると喜ばれます。 但し、ドリップバックは加重包装と思われるアイテムでもあるので、環境への意識が高い相手へのお土産としてはNGです。

尚、もちろん、日本らしい緑茶や玄米茶も、Tea drinker(お茶を飲む人)や健康志向の人へのお土産としては最適。但し、特にリーフティを飲む文化のない国の方へのお土産としては、ティーパックが断然便利です。

https://www.amazon.co.jp/辻利久辻利煎茶三角ティーバッグ-50P/dp/B00UTD2B28/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1523501728&sr=8-5&keywords=お茶%E3%80%80ティーパック 

(amazon.co.jp より)

 

過去あまりうけなかったもの。。

過去、お土産として持っていってあまり受けなかったものは、欧米圏などの方へのあんこもの、もち、インスタントお味噌汁、お漬け物、昆布系のものでした。和菓子は、あんこを食べる文化のあるアジア圏では、それなりに人気がありました(但し、あまり甘くない!という文句も。。。)

一方駄菓子は可愛さもあるのかかなり人気でした。

【外国人が喜ぶ】日本の面白文化「安くて美味しい駄菓子」

まとめ

如何でしたでしょうか。意外に私たちが思う「日本らしいもの」ではなく、チョコレートや、クッキー、ラーメン等の海外にもありそうな物の中で、日本の質やイノベーションが活かされて「バージョンアップしているもの」がお土産として人気がある様子でした。ぜひこれらを参考に、海外に行く際のお土産、ホストファミリーへのお土産、日本から海外に戻る同僚へのプレゼント等を選んでみてください。

 

The following two tabs change content below.
shima

shima

グローバルに活躍する女性コンサルタント。米国ミシガン州立大学・ジョージワシントン大学大学院を卒業、米国研究機関等(Woodrow Wilson International Center for Scholars とProgram for International Studies in Asia )にて職務。その後、日本・東南アジアを中心に国際開発業務に10年以上従事。 現在、フィリピンをベースとし、フリーコンサルタントとして、国際機関、ビジネス、 NGO等をクライアントして業務中。