【Month of Love!】 恋をするための英会話

欧米諸国やここフィリピンでは、2月は「Month of Love(恋の月)」とされています。バレンタインデーの14日を過ぎても、ショッピンクモールやレストランはハートやキューピットで飾りつけされており、映画館では恋愛ものが上映され、ブライダルフェア等も多く開催されます。さて、そんな恋の月にちなんで、今回は「恋をする」ために必要な英語の会話をご紹介します。 気になっている人、 好きな人が外国人で、仲良くなりたいけど、英語には自信がない!好きな相手に好意を伝えたいけど、何と言っていいかわからない!という方、必見です。

 

 仲良くなるきっかけ

時々見かける外国人の方や同僚、 仲良くなりたいけど英語も自信がないし、話しかけるのも勇気がいる!そもそも、相手に気付いてもらえていないかも。。。

そんな際に必要なのは、Smile(笑顔)。

欧米諸国では、通りすがりやレジ待ち等見知らぬ人と目が合うと、すぐ目をそらすのではなく、軽くSmileする習慣があります。すべての国ではありませんが、私の経験上は、Smileすると、大抵の国や文化圏の人から笑顔が返ってきます。このSmileだけで、「話しかけてもいいよ」的な意思表示もできるので、相手もアプローチしやすくなります。

また、Smileの後に「Hi!」と軽く挨拶を加えると、そこからsmall talk(雑談)に発展しやすくなりますので、トライしてみてください。

 

 会話でお互いを知る

距離を縮めたいけど、何を話していいか分からない!という人も多いのでは?

仲良くなる手段は万国共通。共通の話題を見つけることです。音楽やファッション、読書等の趣味の話や、同業者であれば仕事の話題等、お互いが関心を持てる話題を見つけると会話も弾みます。

例) 共通の趣味があることが解った場合

A:I heard that you are into jogging?
ジョギングしてるって聞いたんだけど。。。

→I heard that 〜 = 〜って聞いた

→(be) into 〜ing =〜に凝っている、ハマっている

B:Yeah… I’ve been jogging after my work.  
そうだよ。仕事後にジョギングしてるよ。

A:Cool!  I run on weekends, too.  Where do you usually run?
すごいね。私も週末走っているの。いつもはどの辺を走ってるの?

 

 

例) 相手が何かかっこいいものを身につけていた時

A:That jacket looks really nice!
そのジャケットすごくいいね!

B: Thanks! Actually I just bought it here in Japan.
ありがとう!実は、最近日本で買ったんだ。

 

 一緒に遊ぶ・デートに発展させる英会話

共通の趣味や好みの話をしながら、「Hang out」(一緒に時間を過ごす、遊ぶ)出来る、もしくはデートに誘ってもらえるような話の展開が自然に出来れば嬉しいですよね。以下は、そのために便利な表現です。

I would love to visit (there) sometimes.
是非いつか(そこ)を訪れてみたいわ!

Maybe we can (do that) together.
一緒に(それ)出来たらいいね。

Can you show me how to (do that) one of these days.
近いうちに一度(それ)の仕方教えてくれる?

強い興味を示したり、誘う時に使う表現ですが、下線部分を入れることで、やんわりとなり、相手へのプレッシャーも少なくなります。恋愛対象でない人にも使えます。適宜( )の中は替えてみてください。

もう一つ、自然に誘う表現。

Would you like to come along/join me(us)?

→ come along:同行する、ついて来る

→ join me (us) :私と(私たちと)一緒に〜する、一緒に来る

私/私たちは〜するけど、一緒にくる?という時に使います。自然に同行を誘える表現です。

逆に、相手から誘われたら? 好意を持つ相手からのお誘いへの返事は「OK!」 ではなく、「Sure!/I would love to/I would love that! (是非)」がおすすめ。

例)

Can I ask you out for coffee this Saturday?
土曜日にコーヒーに誘っていい?

→ ask out =デートに誘う。代わりに「invite you」やWould you like to…? とすると、「デート」感が薄れます。

 

 デート期間

 

告白をしてから付き合うのは、日本特有の文化。文化にもよりますが、欧米では、友達→デート期間(お互いを知る期間)→恋人、となんとなく交際関係が発展し、友達以上恋人未満の「デート期間」が発生します。この初期段階に日本的に「Will you be my boyfriend?」と告白したり、「I love you!」と言ってしまうと、引かれてしまう場合も。このあいまいなデート期間中に、相手に好意を表したい時は、一緒にいる事が楽しいことを伝えましょう。

I really enjoyed our dinner.
夕食とても楽しかったわ。

I really had nice time.
とても素敵な時間を過ごしたわ。

I like spending time with you.
あなたと時間を過ごすのが好き。

相手を褒めることも効果的。

You look nice in your shirt!
そのシャツ似合ってるわ。

逆に相手から褒められたら、否定するのではなく、素直に「Thank you」と言いましょう。

 

 In a Relationship….

デート期間には、食事したりと2人で過ごすことが多くなりますが、あなた以外の異性と会っていてもOK!という文化も多いのです。いい雰囲気なんだけれど、そもそも私は彼女なんだろうか?遊ばれてるのかしら。。。と不安になることも。

相手の友達にどう紹介されるかで相手の認識が解ったりもします。

“This is my friend, Mika.”  
こちらは友達のミカ。

“This is my girlfriend, Mika.”
こちらは彼女のミカ。

これ以上交際を発展させるには、きちんと恋人関係 (in a relationship)になっていたい、というときには話し合いがベスト。

Are you seeing anyone else right now?
他の誰かともデートしてる?

→seeing (someone) =デートしている

→anyone else=「他の誰か」

Just you.(君だけだよ)と返答が来てから交際を続けると問題もありませんね。

直球勝負もあり!

Are we in a((an) exclusive) relationship?
私たちって恋人関係?

→exclusiveなしでもOk。exclusiveで他に誰もいない事が強調されます。

→in an relationship:恋人関係にある、交際中

Am I your girlfriend?
わたしってあなたのガールフレンド?

恋人関係になる際や、その後お互いの愛が高まると、遂に。。。

「I love you!」 という愛の告白が。。。

その際は、me too! でなく、「I love you, too! 」と意思表示してあげましょう!

文化や習慣が違う外国人の方とお付き合いする際は、不安になったり戸惑ったりすることも多いかもしれません。まずは相手の国や文化の習慣を調べておくと驚きが少なくなり、スムーズな交際関係を構築できるか、と思います。Enjoy the Month of Love!  

 

The following two tabs change content below.
shima

shima

グローバルに活躍する女性コンサルタント。米国ミシガン州立大学・ジョージワシントン大学大学院を卒業、米国研究機関等(Woodrow Wilson International Center for Scholars とProgram for International Studies in Asia )にて職務。その後、日本・東南アジアを中心に国際開発業務に10年以上従事。 現在、フィリピンをベースとし、フリーコンサルタントとして、国際機関、ビジネス、 NGO等をクライアントして業務中。