海外旅行で外国人の友達が出来るアクティビティ

日本は、まだまだ寒い日が続きますね。 こんな季節には、常夏のアジアや、ベストシーズンを迎ようとしている豪州、米国西海岸等に飛び出してみたくなりませんか?

留学やワーホリにはかなりの度胸や財力、又家族の理解が必要になりますが、海外旅行は気軽に英会話を実践できる機会。ただし、現地での旅程等を工夫しないと、せっかく英語環境に行っても、同行した仲間とのみや日本語ガイドとのみとしか会話できない状況に陥り、英会話を使う時間が限られてしまうのも事実ではないでしょうか?

そこで、今回は、毎年3〜4回は海外で「穴場」旅行をしている筆者が、英語に自信がなくても、現地人や他国から旅行してきている人々と仲良くなれるアクティビティを紹介します。お一人様旅でも、気兼ねなく参加できるアクティビティですので、ぜひトライしてみてください。

 

ダイビング

求められる英語:初級(日系ショップ、インストラクター)〜中級

外国人と仲良く慣れる度:◎

英語を話す頻度:中

永遠と続くエメラルドグリーンの海で、是非おすすめしたいのは、ダイビング!アジアであれば、日本と比べダイビングも破格ですることができます。私も、10年ほど前にタイでライセンスを取得してから、様々な国に一人で出向き、今では、ダイビングを通じて知り合った友達が世界中にいます。

ダイビングで友達をつくりやすい理由は、海しかないという環境で、長時間同じメンバーと過ごすから。ダイビングは1回潜るとその次に潜るれるまでに1時間程度の休憩をとる必要があります。休憩中は、ボート上やビーチで待機するのが普通ですが、その間できる事といえば、 別のダイバーと話をすることぐらい。ということで、現代の世界では珍しい程、会話に花がさくのです。

ダイバーは世界中から来るので、多国籍・多文化。訛りのある英語や片言英語に慣れています。また、ダイバー間の会話はパターン化しているので(今までどこで潜った?何本もぐった?何をみた?)、決まったフレーズを何度か繰り返すうちに、自然と英語も身に付きます。

そもそも、ダイビングに慣れていないから、説明等を英語で聞くのが不安!という方。有名ダイブスポットには、日本人経営ショップがたくさんあります。アレンジは日本語でOK。日本人インストラクターを依頼することも可能です。ただし、日本人経営ショップで、日本人インストラクターだと、日本人のみでの行動という環境になることもありますので、注意。日本人経営ショップでも、現地ショップと一緒に船にのるというパターンか、現地・国際ダイブショップで、日本人インストラクターの同行というパターンのいずれかを選ぶと、不安もなく、且つ英語も適度に勉強できるようになります。

 

ハイキング・トレッキングツアー

求められる英語:中級(日系旅行社のアレンジ)

外国人と仲良く慣れる度:○

英語を話す頻度:高

山登り流行っていますよね。現地や他国からの旅行者とすぐ友達になれるアクティビティとしてもう一つお勧めなのは、 ハイキングやトレッキングのツアーです。

ダイビングと同じく、同じメンバーで山や自然以外に何もない環境で、長時間を過ごすので、他の旅行者と仲良くなりやすいです。但し、何故かダイビングと違い、カップルや夫婦の参加が多く、場合によっては、お一人様で参加すると「孤独感」が出てしまうようなツアーもあるかもしれません。また、ハイキング・トレッキングは、参加者1人でも現地ガイドが着いて出発するというケースも多々あるので、現地ガイドだけでなく他の旅行者とも知り合いになりたいなという方は、事前に確認されることをおすすめします。

ダイビングでの英会話と違うのは、活動をしている間(トレッキングやハイキング)も会話ができること。その結果、一旦誰かと仲良くなってしまえば、かなり広範囲に会話が広がる可能性も高いです。

通常、ガイドは現地人です。現地旅行会社と現地ガイドでアレンジをするには、少々高度な英会話が必要となります。それは不安。。というかたは、日本旅行社を通じて現地ツアー参加へのアレンジをされるとよいか、と思います。

 

カウチサーフィング

求められる英語:中級〜高度

外国人と仲良く慣れる度:◎

英語を話す頻度:中〜高

 

カウチサーフィングご存知ですか?旅行者と、 無料で旅先のお家に泊めてくれる人をつなげるサービスです。旅行先で、ネットを通じて知り合った現地の人の家で無料に泊まるというコンセプトに驚かれる方も多いと思いますが、実は、海外の、特にバックパッカーの間では大人気のサービスです。 AirBnBのようにホストの口コミ評価等もあるので、ある程度の問題回避はできる仕組みもありますが、個人的には、一人旅(特に女性)で異性のホストの場所に泊まる等はおすすめし難いです。

ただし、カウチサーフィングは無料宿泊アレンジのサービスのみではありません。旅先の現地の方と一緒にランチをしたり、カフェでお茶したい、一緒に食事したい、一緒に現地人しかしらない場所を回りたい、といった時にも使えるのです(こちらは無料ではなく、基本は割り勘となります )。また、同じ都市にきている他の旅行者とつながり、観光地をまわったり、食事に一緒に行ったりするのにも使えます。ホスト等を選ぶ際には、話す言語を限定できますので、「英語」を選択すると、旅先で、英語を話す現地人とお昼・お茶・夕食をとったりできます。

問題回避のため、相手の評価やプロファイル、過去にホストした相手(例えば、男性で女性ばかりホストしている人には気をつける等)をよく吟味する必要はありますが、なかなかツアーや普通の海外旅行では経験できない、現地の人と現地を知る旅行が可能となり、かけがえのない友達をつくることができるでしょう。尚、現時点でカウチサーフィングは英語のサイトですので、アレンジ等をするのにも英語が必要となります。

Souce: カウチサーフィング

まとめ

如何でしたでしょうか。これらのアクティビティを活用して、海外旅行中に旅先の現地人や他国からくる旅行中の外国人と仲良くなりましょう!英語を練習できるのみならず、様々な国や文化のことを深く学ぶ機会となり、かけがえのない仲間を世界中につくるきっかけをくれるでしょう。

 

The following two tabs change content below.
shima

shima

グローバルに活躍する女性コンサルタント。米国ミシガン州立大学・ジョージワシントン大学大学院を卒業、米国研究機関等(Woodrow Wilson International Center for Scholars とProgram for International Studies in Asia )にて職務。その後、日本・東南アジアを中心に国際開発業務に10年以上従事。 現在、フィリピンをベースとし、フリーコンサルタントとして、国際機関、ビジネス、 NGO等をクライアントして業務中。