海外旅行で英語が磨かれない人の3つの理由

英語を学習されている方のほとんどが海外旅行が好きな方です。中には海外旅行のために英語を勉強されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?日本国内で英語を勉強するよりも実際に生きた英語に触れられる海外旅行は英語力が驚くほど向上します。

 

しかし、海外にはたくさん行っているのにも関わらず、なぜか一向に英語が伸びない方もいらっしゃいます。それはもともと持っている能力やセンスの問題なのでしょうか?実は能力やセンスなどの問題ではなく、英語が磨かれない3つの条件のどれかに当てはまってしまっているからなのです。

 

今回は、海外旅行で英語が磨かれない人の3つの理由について解説していきたいと思います。

 

 1つ目の理由「ツアー任せにしてしまう」

1つ目の英語が磨かれない理由は、「ツアー任せにしてしまっている」ことです。私の友人でも1年に必ず3回は海外旅行に行く方がいるのですが、彼女は全ての日程がスケジューリングされてしまっているツアーパッケージで海外へ行ってしまっているのです。これだと基本的に自分で何もしなくても、行きたい場所に行けてしまい、食べたいものも食べられてしまいます。さらに何か困ったら日本語が話せるガイドさんにお願いしてしまうので、一度も英語を話すことなく、海外旅行を終えてしまえるのです。

 

もちろん、これはこれで便利なものなのですが、英語を将来的に習得したいと考えられている方がこれをしてしまうのは勿体無いです。できる限り、ツアーを組まずに自身でプランニングをするようにしましょう。ツアーでは得られない刺激的な海外体験が待っています。

 

とはいえ、いきなり全て自身でプランニングは大変かもしれません。最初はツアーでもいいので、フリーの日がいくつかあるようなツアーを選びましょう。そこで、実際にガイドさん無しでお出かけをして、お店やレストランなどで積極的にコミュニケーションを取りにいくことがご自身の英語力を上げる第一歩となります。

 

 2つ目の理由「友人任せにしてしまう」


次の英語が磨かれない理由として多いのが「友人任せにしてしまう」ことです。実はこれ、私自身の経験なのですが、私も海外旅行が大好きで毎年同じ友人と様々な国に旅行に行っておりました。

 

その彼女は当時から少し英会話ができるレベルだったので、レストランでオーダーするとき、買い物でサイズを聞くとき、ホテルで質問をするとき、どこにいったときも彼女が頑張って英語で対応してくれていました。私はその友人のおかげで、一切英語を話す必要がありませんでした。加えて、皆さんも一度は経験をされたことがあるかと思いますが、自分よりも英語が得意な日本人が隣で話していると、萎縮してしまいます。英語を話したい思いよりも劣等感が上まってしまうのです。

 

2年後、彼女の英語は飛躍的に上達していました。普通に外国人ともコミュニケーションができるレベルにまで上達しているのです。一方私はというと、数カ国も海外に行っているのに、日本で外国人に道を聞かれたら「Sorry」と行って逃げ去ってしまうほど全く英語が伸びてませんでした。

 

海外という非日常な空間に飛び込んでいくことはとても不安ですから、英語が得意な友人と一緒に行くことは決して責められることではありません。むしろご自身の身を守るために必要なことと言っても過言ではありません。しかし、英語力の向上だけに注目するのであれば、友人の英語力を頼り、その陰に隠れて英語を話さないことはあなたの英語力を一切向上させません。ですから、何か聞きたいことや伝えたいことがあったら、せめてそれだけは自分から話しかけるようにしていきましょう。

 

 3つ目の理由「現地の人と友達になろうとしない」


私の周りの海外旅行で英語を伸ばした方に特に共通するのが、「現地の人と友達になろうとする」ことです。

そんなこといっても現地の人と友達になるきっかけがないじゃないか!という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。私自身、昔は英語が全くできない時代がありましたが、現在では海外旅行にいくと必ず2〜3人はFacebook申請を行うくらい仲良くなる現地人ができます。大抵仲良くなれる現地人と出会うのは、レストランや、バー、そしてショッピングセンター、またホテルでもそういう出会いはありました。例を挙げますと、ショッピングで店員さんから「Are you from Japan?(日本から来たの?)」と聞かれたときに「Yes.」だけで終わらせてしまっては勿体ないのです。「Yes! I love this country. How long have you worked here?(そう!この国本当に大好き。あなたはどのくらいここで仕事してるの?)」というように自分から話を展開させていくと、連絡先交換とはならなくても、英語での会話が弾みます

 

こういった現地の人との会話が生まれるようなことを、海外旅行で英語を習得できる人は自然にやっているのです。

 

 海外旅行に行くときの心構えを大切に


いかがでしたでしょうか?海外旅行にたくさん行っているのに、英語がなかなか伸びない方は、いくつか当てはまる項目があったのではないでしょうか?これをわかった上で海外旅行に行くと、英語を話す機会が一気に増え、海外旅行がより一層楽しいものに変わること間違い無しです。是非参考にされてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
naikel0311

naikel0311

内藤俊輔 31歳。 拓殖大学政経学部出身。東証一部上場サービス、広告系企業へ就職。 5年間の勤務後退職し、青年海外協力隊でルワンダへ。お土産屋支援、観光マップなどの制作を行う。 その後、カナダへワーキングホリデーを経験後、アフリカ人が経営する「アフリカと日本を繋ぐ」目的の会社とNPOの副代表を兼任中。