【海外ドラマフルハウスで英語学習!】なぜ「フルハウス」が初心者英語学習に適しているの?

英語学習に海外ドラマや映画を使っている方は多くいらっしゃるかと思います。しかし中には途中で挫折してしまう方も多いのも事実です。大抵の場合は、海外ドラマ・映画選びの段階で失敗してしまっているケースがほとんどです。そんなあなたに、今回は海外ドラマ「フルハウス」がなぜ初心者英語学習に優れているかをお話ししたいと思います。

 

 海外ドラマ「フルハウス」の概要

フルハウス
まず簡単にフルハウスという海外ドラマについてお話したいと思います。奥さんを交通事故でなくしてしまった夫が、残された3人娘を育てるべく奮闘するのですが、そこに奥さんの弟と、昔からの親友である同級生との同居生活を始めるというのがストーリの始まりです。

話によって、この6名の誰かにフォーカスした話が中心となり、学校、仕事、恋愛の話まで日常生活を網羅したエピソードになっています。かなりざっくりした説明になりますので、詳細を知りたい方は下記のウィキペディアからご確認いただけたらと思います。

▶︎「フルハウス」ウィキペディア

 

 なぜ「フルハウス」が初心者英語学習に適しているのか

さて、なぜ私がここまで自信をもって、フルハウスを英語学習者におすすめするかというと、何を隠そう英語嫌いの私が唯一といっていいほど見続け学習することができた海外ドラマだったからです。色々分析してみると、なぜフルハウスが英語嫌いの私でも楽しくみることができたかがわかりました。

 

 

 1話が20分ほどでサクッと観れる

一つ目の理由は、1話が20分ほどのお話になっていて、朝仕事に行く前だったり、夜寝る前だったりでも観れるサクッとした長さになっていることです。これが実は非常に重要で、最近の海外ドラマは50分近いものも多いです。初心者英語学習者に多いのが、1回できっちり観ようとしてしまうことです。人間の集中力は45分ほどとも言われていて、しかも慣れていない英語で45分集中してみるのは大変です。すぐに挫折してしまうのはこの1話の長さを短くしていないことにあるのです。

 

 1話完結型である

二つ目の理由は、1話完結型であるということです。最近流行っている海外ドラマのほとんどが、「次が気になって眠れない」という気持ちを誘発するために、数話に渡ってストーリーが展開していくものが多いです。もちろん、こういったドラマも慣れてくれば英語学習に適しているのですが、最初は適しません。人間の脳は、1日で記憶できる容量が決まっていますので、一気に観てしまうのは逆に記憶効率的には良くないことなのです。

 

 日常生活で使える表現がとても多い

三つ目は、最近ではあまり流行らなくなってしまった家族ものの海外ドラマなので、日常生活で使える表現がたくさん出てくるのです。しかも冒頭で述べた登場人物によっては、仕事で使える表現、友達と使える表現、恋人と使える表現など、普段の生活に欠かせないリアルな英会話フレーズがたくさん出てくるのです。今流行っているのはFBIやミステリー系の海外ドラマが多いですが、確かに面白いのですが、意外と使える表現は少なかったりするのです。

 

 必ず誰かに感情移入をすることができる

四つ目の理由は、フルハウスに出てくる登場人物の誰かには必ず感情移入をすることができるという点です。他のドラマにありがちなのは、主人公にばかりフォーカスが当たりすぎてしまうことで、主人公があまり気に入らなかった場合は、そのドラマ自体を楽しむことができなくなってしまうということです。

フルハウスの場合は、責任感が強いけど長女のDJ、いたずら好きな次女のステファニー、とにかくおてんばな三女のミシェルといった、全く違う性格の子供達がいて、まずはそこの誰かがお気に入りになるはずです。さらに、その三人を面倒をみる、お父さんのダニー、亡くなった奥さんの弟でロックンロール大好き女の子大好きなジェシーおじさん、二人の親友であり、コメディアン志望で常に人を笑わせることが大好きなジョーイおじさんもいるので、年齢が高めな方でもその人たちに感情移入をすることができるのです。

それぞれが濃い個性を持っているだけではなく、エピソードによってはDJが主役だったり、ジョーイおじさんが主役だったりするので、しっかりそれぞれのキャラのヒストリーや性格なども細かく描かれています。

 

 様々な手段で観ることができます

最後に、フルハウスは日本でも一度大ブレイクを起こしたこともあり、様々な方法で観ることができます。まずレンタルショップでも大抵は貸し出しされています。今すごく流行っている訳ではないので、レンタル待ちという状況もそこまでありません。さらにはNetflix、Amazonプライムなどでも観ることができるので、観たいけど観れない!という状況がほとんどありません。

なんと最近では20年以上ぶりにフルハウスの続編フラーハウスがNetflix限定で始まっているので、フルハウスを飽きるほど観てしまったという方もNetflixで現在進行形の最新エピソードを楽しむことができます。フラーハウスでは、当時は子供だったDJ、ステファニーと、その親友のキミーが大人になり、その三人とDJとキミーの子供達との生活を描いた物語で、フルハウスに負けずとも劣らない内容になっています。フルハウスは20年以上前のドラマなので、作中に出てくる有名人の名前などが古くて分からなかったりしますが、フラーハウスでは現代の話なので、より親しみやすいワードや有名人の名前も出てきたりします。

 

 レベル別海外ドラマ「フルハウス」の勉強法

最後に、このフルハウスを英語学習に使ってみようと思っていただいた方にレベル別のオススメ勉強法をお教えしたいと思います。

 

 初心者レベルの方

自分はまだ英語を学習したばかりで、英会話もままならない。という方は、とにかくこのドラマを沢山観ることを目標にしましょう。全てを理解する必要はありません。このドラマのいいところは、子供でもわかるくらいのテーマばかりの内容なので、変な話、英語が全くわからなくても8割方は理解できてしまうので、安心してください。音声は英語にして、日本語字幕を出して、とにかく沢山観ましょう。

だいたいそれを1日1話、1ヶ月ほど続けていると、なんとなくですが、聴き取れる単語が増えてくるはずです。そうなってきましたら、聴き取ることができた単語やフレーズを覚えて、機会があれば使ってみるようにしましょう。

さらに、分からなくて気になるような単語やフレーズがあれば積極的に調べるようにしてみましょう。あくまで全てを調べるのではなく、気になったものだけ調べるようにしましょう。本当に気になった言葉は、すぐに頭に入りやすいので、これをしばらく続けていってもかなり語彙力やリスニング力は向上していくと思います。

 

 中級者レベル以上の方

次に、中級者レベル以上の方です。日本語字幕ありで観ていて、慣れてきたなと感じてきたら、その字幕を観ないようにしてしばらく鑑賞してみましょう。それをした際に、ある程度理解できていたら、今度は英語字幕に切り替えます。この英語字幕に切り替えたあとも、基本的には映像だけを観るようにして、わからないと思ったらチラっと下の英語字幕を観るようにしていきましょう。あまり字幕に慣れすぎてしまうと、実際の英会話力は伸びません。英会話ではもちろん字幕は出てきませんし、途中で止めたり巻き戻したりすることができませんので、よっぽどでない限りは、理解ができなくても、一旦停止や巻き戻したりせずに最後まで通して観るようにしていきましょう。

このやり方でも慣れてきた場合は、シャドーイングをしていきます。小さい声でも構いませんので、キャストが話している言葉を耳で聞いてすぐにそれを自分で口ずさんでいきましょう。おそらく最初は全く言えないと思います。ですが、2週間ほど続けていると、結構口がなれてくるのです。このトレーニング中は、上手く言えなかった場合は巻き戻してもいいですし、英語字幕を観ながら話しても大丈夫です。今までの場合はリスニング力だけが磨かれていましたが、このシャドーイングをしながら観ることで、英語を話す能力も磨くことができます。

 

 一度騙されたと思って流し観してみてください

何を観ても続かなかった方、これから海外ドラマを選ぼうと思っていた方など、一度数話でいいので観てみてください。笑えて時には涙もあるホッコリする海外ドラマ「フルハウス」は作品としても英語教材としても最高だと思いますよ。

The following two tabs change content below.
naikel0311

naikel0311

内藤俊輔 31歳。 拓殖大学政経学部出身。東証一部上場サービス、広告系企業へ就職。 5年間の勤務後退職し、青年海外協力隊でルワンダへ。お土産屋支援、観光マップなどの制作を行う。 その後、カナダへワーキングホリデーを経験後、アフリカ人が経営する「アフリカと日本を繋ぐ」目的の会社とNPOの副代表を兼任中。