スパルタの強み

スパルタのメソッドコンセプト

 スパルタメソッドのコンセプトは、英会話学習に哲学を取り入れ、短期で英会話を「活用」できる状態にするべく方法論とスキルを提供しています。

 短期集中学習で「話せる」ようにするためには、「英会話のコア」を作る必要があります。短期の目安を3ヶ月単位で定めています。

 スパルタ英会話では、「話せる」とは、「話し手が「話せる」と感じる意識」と定義づけています。つまり、「話せる」と思うことができた瞬間が「英会話のコア」をしっかり身につけており、自信を持って「活用」できる状態であり、貴社の国際業務において結果を出すことができます。この「話せる」意識を得るためには、「学習方法論」と「最低限のスキル」と「グローバルコミュニケーションの自信」を得る必要があります。それはスパルタ英会話では、貴社や個人様のニーズに合わせて、提供をしております。

 「話せる」ための最低限のスキルを細分化すると、「自己紹介」と「事実」を「話せる」ことです。貴社での語学研修では、「個人様向けプログラムで上記の哲学」を培ってきたものを手に入れることができ、成果に最大限貢献することができます。

個人様向けプログラムのノウハウ

個人様向けの教室型サービス提供で培ったノウハウを法人様向けにも提供できる準備が整いました。貴社の目的を明確化し、結果を出して目的を達成できるよう全力でサポートいたします。

特化プログラムのノウハウ

特化プログラムのノウハウ

 個人様のコンサルティングから得られた情報を元に、業種特化のオーダーメードのプログラムを既に組ませて頂いております。法人様向けですと、この情報を元により深くコンサルティングを行うことができるため、売上に貢献できるスキルを手に入れるプログラムの精度がより高くなります。

コンサルティングでは、課題→業種→職種→目的→活用特化と、コンサルティングを進めることで精度の高い情報を吸い上げ、プログラムに反映をします。このシステムが、法人研修でも非常に高い効果を作ります。

モチベーションの維持

モチベーションの維持

 英会話学習を効率的に進めていく上で必要になるのは、モチベーションの維持です。この点を講師とコンサルティングで協力し合いながらサポートをしております。

 英会話学習を効果的に進めるための「期間」「負荷」「習熟度」「楽しさ」のバランスを上手く取りながら、貴社の研修受講生の「活用」できる状態に持っていきます。

人事担当者様が「評価」しやすい

人事担当者様が「評価」しやすい

 英会話学習を進める上で必要になるのが、客観的な「評価」です。個人プログラムでは、この点を講師、コンサルタント、オンライン講師がトリプルマンツーマン体制で進捗度合いをチェックしております。重要な「学習方法論」「最低限のスキル」が手に入っているか。そのあとのオーダーメイドのプログラムは最適化されているか、進捗はどうなっているかなどを資料にまとめております。

 貴社のプログラムにおいても、要望を頂ければ、貴社人事担当者のニーズに合わせた評価資料をお渡しすることが可能です。