スパルタの強み

スパルタが短期にこだわる理由

語学学習にとって、短期集中で「活用」できる状態に使える状態に持って行けるほど価値のあるものはありません。法人研修で語学研修を行うのは「会社の売上を上げるため」の一つの施策です。そのため、必要なスキルを短期で身につけ、それを業務で「活用」して頂き貴社への貢献の一助となりたく考えております。

効率的な英会話学習メソッド

効率的な英会話学習メソッド

短期集中の英会話学習は、英会話学習の方法論とスキルのコアを身につける上で絶対に必要なことだと考えております。語学は一度「活用できる」状態にまで持っていくことで価値を出せる状態になります。

短期集中が効率的である所以

例で例えると自転車の乗り方を1年間かけて、1日に5分トライをするのではなくて、1日に3時間試してみて3日連続で試してみる。そして、乗り方を覚えることができる。自転車に乗るスキルの方法論と体で体得したスキルの「コア」を得ることができます。そうすると、1年間仮に自転車に乗らなくても少し体を慣らせば、「忘れていない」ため、すぐにまた感覚を思い出すことができます。

英会話も同様で、学習方法論と体で体得するスキル感覚という、英会話の「コア」を学ぶには、反復して、毎日何度も行い、その方法が正しいか、成果が出ているかをチェック、コンサルタントし、必要ステップを踏んでいく必要があります。多くのことに手を出すのではなく、「活用」するまでに必要なスキルを何度も徹底的に行うことで「感覚が忘れることがなく」記憶の忘却曲線を研究されたプログラムで、習得が可能になります。

モチベーション心理

モチベーション心理

車に乗るのに2週間の合宿で免許を取れるのと、1週間に一回学校に通いながら3年間免許取得まで時間がかかるとしたら、あなた、貴社はどちらを選びますでしょうか。

おそらく前者だと思います。なぜなら、既に【「免許を得ることができたらできること」=活用 】が思い描けているからです。また、その時間とお金を投資して、3年後まで待たないといけないとなるとモチベーションが続かないからです。

これは、全く同じように英会話学習にも当てはまります。
①「活用できる自分」がいてそのメリットを想像し続けることができること
② 毎日そのために努力をし続けられること

 この2つは、時間と共に「結果が見えない」と少なくなっていきます。そのため、スパルタの哲学では、最初の1週間で、方法論とスキルのコア体感を徹底的に行い、2ヶ月で「話せる」ようになるということを絶対的に感じてもらえるようにします。これが、スパルタが生徒様のモチベーションをキープしながら効率的な学習を進めてもらい、結果を出すことができる所以です。

短期集中で英会話を行う価値

短期集中で英会話を行う価値

長期で学習をしていけば、どこかで結果を得ることはできるでしょう。
しかしながら、それでは、経験できない「機会ロス」が多くあります。

イメージをして欲しいのは、1年後に英会話をできるようにすると決める。
でもその1年間で12回の海外出張と12回の外国人の友人との食事、12回の海外旅行、計36回の英会話を活かせるチャンスがあるとします。1年後までこの30回の機会は、最大限楽しみ尽くす、価値を出し尽くすことができなくなってしまいます。

2ヶ月で成果を出せると2ヶ月分の6回は、なかなか思うように価値を出せないかもしれないですが、後の、30回は、英会話が「話せる」状態で価値を最大限に楽しむことができ「グローバルフリーダム」を得ることができます。貴社の会社の売上に対することも同じです。

「学習している状態を続けて、業務を行ってもらうこと」か「活用できる状態に早くなって、英会話を活かして業務を行ってもらうこと」これは、会社の売上への貢献度が格段と変わります。短期集中で「話せる」コアを身につけ、活用する状態へ一早くステップアップしてもらい1日でも早く価値を出す=活用をしてもらうこと。これがスパルタの願いです。

法人のお客様との約束ごと

貴社のグローバル規模で抱えている大きな課題を語学を通して多角度から解決できるソリューション提供集団であり続けます。

  • 約束1

    お客様から信頼していただける会社を目指し、全総力を貴社の結果に向けます。

  • 約束2

    お客様あってこそ、我社が存続しております。お客様へ心を込めた感謝と奉仕で貢献します。

  • 約束3

    お客様からの要求を120%のサービスで満たし、100%の信頼と満足を頂きます。

  • 約束4

    お客様の約束を厳守し、クレーム応待は最優先で行います、かつプロセスを改善します。

  • 約束5

    お客様が気持ち良く学習ができるよう、人材やサービスには一切妥協をしません。

  • 約束6

    お客様一人一人に対して、納得できるまで話し、結果ご満足を頂けるようなご提案をいたします。

  • 約束7

    お客様の事を決して、見捨てることはせず、結果へ導く後押しをして行きます。

  • 約束8

    今日よりも明日と常にサービスのクオリティーを高める組織を目指して参ります。

  • 約束9

    卒業されても家族のような愛で、繋がりを永遠と続けていけるスクールを目指しております。

  • 約束10

    お客様から頂いた昨日までの信頼を、今日の糧としてなお一層の努力をします。

スパルタの語学学習に対する想い

スパルタ英会話 CEO

何事も進化を続けなければ、意味がない。哲学を持つ語学スクールへ

私は、スパルタ英会話事業に「哲学」を根ざしたい。
語学市場は、今後日本のグローバル化に一番大事で、且つ、日本がグローバルフリーダムを得る上で、必要不可欠な分野になると考え、事業を起こしました。社会の流れは、非常に早くなっており、グローバルなチャンスや必要性は、プランニングしながらではなく、急務に、長期的にではなく、実戦に必要なものを短期にという流れになっています。
また、以前のように通訳が全てをやってくれる時代は終わりを告げ、一人一人が世界に向き合い、自分、自社の説明をする必要性が生まれてきました。そのため、語学市場、特に英会話市場は、そのニーズに一歩を進め、「短期英会話学習のパイオニア」の存在になるべく、事業を進めてきました。